しつこいニキビが治らない人は洗顔し過ぎていませんか?

HOME > しつこいニキビが治らない人は洗顔し過ぎていませんか?

しつこいニキビが治らない人は洗顔し過ぎていませんか?

しつこいニキビに悩み続けている人って多いですね。


ニキビが治ったら、また別の場所にできた・・・いろんなケアしているの
ニキビが全然減らない・・・肌が赤くなったりかゆくなったりする・・


これらの原因はもしかすると「洗顔」かもしれません。



ニキビの原因になるアクネ菌を殺菌しなきゃって思いますよね。



ニキビ専用の洗顔料やさっぱりしたスキンケアをつかってませんか?


ニキビ用の洗顔料は皮脂を取る作用が強い傾向なので
洗いたてはすごくさっぱりするでしょう。


さらにニキビ専用のスキンケアは油分が少ないので
保湿力もなかったりします。



洗顔で肌に最低限ないといけない皮脂まで取ってしまい
油分のすくないスキンケアを使えば、次第に乾燥していくはずです。



そこに拍車をかけるのが洗顔のやり過ぎです。


ニキビ肌の人は自分の肌を脂性肌だと思いこんで、ニキビ用の
洗顔料で1日数回洗顔することが多いです。


皮脂を取りすぎてしまいお肌の奥の水分が外へ出て
内側が乾燥していきます。



ニキビが治らない人の多くは気づかないうちにお肌が
インナードライになっているんです。



インナードライというのは一見して普通肌やオイリー肌だから
お肌がドライになってる感覚はないと思います。


でも肌の内側は意外に乾燥している状態。


お肌が乾燥するとどうなる?


肌の乾燥状態が続くと、皮膚は毛穴から皮脂をたくさん出すように
なったり肌が熱くなっていきます。



皮脂がたくさんでることで毛穴が広がり広がった毛穴に皮脂や
汚れが詰まり乾燥していくという悪循環が続きます。


お肌が乾燥するとバリア機能も低下し、ほこりや花粉、紫外線など
外からの刺激に弱くなる敏感肌になることがあります。



ニキビだけでなく、肌荒れなどのトラブルも混ざってきます。


ニキビ肌でも洗顔はちょっと足りないかな?っていうくらいでいいんです。


やったとしても洗顔石けんなどの使っての洗顔は1日2回まで。


あとはぬるま湯か水ですすぐくらいにしておきましょう。


洗顔したあとは、しっかり保湿することを忘れてはいけません。



 

PAGE TOP